寂しがり妻のひとりごと。

いけないとはわかっていても...

音信不通

夢から醒めて、

あたしは実家に帰った。



実家に帰る途中、

プチ旅行的な感じで

迎えに来てくれた両親と

楽しんでたんだけど、



その楽しかったことを

いちいち報告したくて←

メールしてたんだけど

(当時ガラケーだったし、

LINEなんてなかった...笑)






ん??





あれ??





待てど暮らせど

返事はない。


LINEじゃないから

既読してるかどうかもわからない。


とりあえずエラーで返って来ないし、

電話も繋がるから、

拒否られてないのはわかってる。




だんだん不安になってきたあたしは

メンヘラ度が増していって...




実家に帰ってすぐ、

彼の住む街に

家出同然で向かって、

真っ直ぐ彼に逢いに行こうとした。



荷物も帰るためのお金も

必要最低限だけ持ち歩いて。


泊まる場所も考えず。



でもそんな時、友達がみんな

優しかった...(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)


SNS見て、

あたしの状況にビックリした

友達数人が、次々と、


あたしの家に泊まりに来なよ、て...


友達の家を転々として、

ようやっと彼と連絡が取れて、

じゃあここのお店で待ち合わせ、て

言ったのに!!!






言ったのにー!!!






待てど暮らせど来ない...





もうこれは来ないな、と思って




仕方ないから

彼の家で待ち伏せ(тωт。`)



ほんとはこんなストーカーな感じ

絶対したくないのにな。。



今思い返しても

黒歴史すぎる...




ようやっと午前様になる前に

帰宅した彼に逢えた。




とりあえず

外で揉めるのも何だから、て

家に上がらせてもらい...



彼は友達とルームシェアしてたから、

友達が帰ってくるまで、てことで。




あたしはと言えば...




全力で泣いて

全力で抱きついて

全力で最後、一緒に

夢の国デートしてくれた

理由を聞こうとして←

全力で音信不通の理由を聞こうとして

全力で別れたくない!て言った。




でもことごとく冷静に、淡々と

「もう無理だから」

て言われて...



そうこうしてる内に

決着つかないまま、

友達が帰ってきて。



とりあえず近くの

ファーストフード店に行く事になって

流石に周りに人がいるこの状況。。



あたしも冷静に

ならないわけがない´д` ;



結局、彼が折れた感じで

渋々復縁する感じになり、

ちょっとだけ不安残したまま


またあたしは実家に帰ったのでした( º_º )