寂しがり妻のひとりごと。

やっと手に入れた場所は、儚く脆く...

優しい人

出会い系に登録して、

近場で今から逢えそうな人を探して、

待ち合わせ。


写メを交換したわけでもないし、

ある程度メールのやり取りをしてたわけでもない。


即、逢いましょうのメール(´°‐°`)


相手が一人じゃないかもしれない。

どんな危険なことに巻き込まれるかもわかんない。


でも、その時のあたしは

どうにでもなれー!な、投げやりな気分でしかなかった。


そして、待ち合わせ場所に来たのは

同い年のちょっとチャラそうな男性一人。

時間は夜10時頃...



とりあえずドライブする?

てなって、何とも思わず車に乗り込もうとしたら、もう一人いたー!!Σ( ̄Д ̄ )

同じく同い年の、ぽっちゃり男子。



やっぱりあたしはやられてしまうのか。。



そう思いながら、三人で初彼との喧嘩話とか、他愛ない会話で盛り上がりながらドライブは続き...



海沿いをドライブしてて、港みたいなとこに着いた時、

最初待ち合わせに来た人(運転手)があたしに、

「ちょっと待っててね。」

て言って、もう一人の人と外に出た。


あたしは車内で待ってて。


しばらくしたら運転してた人だけ戻って来て、二人きりで少しドライブ|ω・)


ちょっとした海の見えるスペースに着いて、外出て、二人で朝日を眺める...笑


そしたらその人が急に、

「実は今日、さっき一緒にドライブしてたやつと、出会い系で捕まえた女を犯そうとしてたんだ。」

てカミングアウトしてきた。


でもあたしも、きっとそうなんだろうなあて半分思ってたから、全然驚かず、

「そうなんだー」

て淡々と返す( º_º )


あたし➡︎

「あれ?そう言えばさっきまで一緒にいた人は??帰ったの??」



彼➡︎

「うん。帰ってもらった。」



あたし➡︎

「???」



彼➡︎

「俺、数年前(まだ高校生の頃)、付き合ってた彼女を妊娠させてしまって、結局、まだ何の責任も持てなくて、堕ろさせることにしちゃったんだ。」



あたし➡︎

「うん?」



彼➡︎

「恋ちゃん、可愛いからさ、こんなことさせたら可哀想だな、てドライブしてた途中に思っちゃって。」




あたし➡︎

「あたし可愛くないし、もし可愛いくないて思われてたら、やられてたの??

なんかもうね、どうにでもなれー!て勢いだったんだよね。。」




彼➡︎

「彼氏と喧嘩中、て言ってたけど仲直りしてさ、二度とこんなことしちゃダメだよ?

自分の身体、大切にしたほうがいいよ。

どうにでもなれ、なんて考えちゃダメ。」




て...。

もう何年も前の話だから、断片的にしか覚えてないんだけど、

あたしはほんとに人に恵まれてるんだな、て思えた瞬間なのでした。。


どんだけ付き合ってる相手に気持ちがわかってもらえなくても、どんだけ寂しくても、こんなことなんてしちゃいけないんだ。


...この時はまだ純粋だった^^;


純粋に、こんなことしちゃいけないよね、やっぱり。。て思ってたんだ。