寂しがり妻のひとりごと。

やっと手に入れた場所は、儚く脆く...

愛を求めたハズだけど...

急遽、I兄に逢う事になって

何もいい嘘が浮かばなくて、

旦那には

テキトーに職場の仲良し組で

ご飯行ってくる事にして、

ササッと軽くシャワー浴びて

ばっちし☆化粧して...


ホテル近くのスーパーの駐車場に

急いだ..._(-ω-_)⌒)_


しかも何気にこの駐車場、

I兄の生活圏内なんだよね!


家から近いみたいだし...


そんな場所で大丈夫か!?

て思いながら...


仕事帰りに直行で向かって来る、

て言うI兄を待つ。。


この時間て、物凄い緊張する!!


一瞬、

ほんとにこんな事していいのか...


て気持ちがよぎるんだけど。


早くイチャコラしたーい!て

気持ちも嘘じゃなくて。


たとえ都合のいい相手にされようとも

求められてることが嬉しくて。


いろんな気持ちが入り混じったまま、

自分の車内で待ってたら...




「着いた!

後ろだよーん」


...!!


振り向いたら、あたしの車の

すぐ後ろに駐車してたI兄...笑


ダメだ、どう頑張っても

顔がニヤけてしまう(〃ω〃)


それを悟られたくなくて、

必死に冷静なフリして

I兄のほう見るんだけど、

目合わせてくんないんだなー!


I兄も照れてる??|ω・)




ホテルに向かう道中は、

まだ薄明るい夕方だったから、

知り合いがいそうで

ややうつむき気味で

助手席座ってました!笑


心の中では、

早くホテル着いてー!!て感じで。


多分I兄も同じ感じだったのかな。


ホテル着いて、部屋に入って

ドア閉めてから

ケータイ忘れた!て...((∩^Д^∩))


ラブホのお部屋て、

いったん施錠すると、

清算するまで開かないとこが多いみたいで

緊張しながらフロントに電話...

からのケータイ取りに行くI兄。


その間、

緊張感のカケラもなくなったあたしは

なんとおトイレに...笑


I兄はあたしがトイレから出たくらいに

ちょうどお部屋の前に着いたみたいで。


ホテル内の廊下で

誰かに見られたくなくて

挙動不審だったのに、

あたしがトイレから出る音がして

自己中なヤツ、て思ったみたいよ。。

٩(ㅎ.ㅎ)و✧˖°



無事にI兄をお部屋に入れて←


I兄はシャワー浴びにササッと

一人で行ってしまい...( ꒪Д꒪)


これはあたしはどうしたらいいのか。


置いていかれた感じで

ぽかーん...


とりあえず服は脱いで←


タオルとか用意してたら...


「え、恋はシャワーしないの??」


て..._(-ω-_)⌒)_


一人でササッと行っちゃうから

別々に入りたいのか、

早々支度したかったのか...

とか思っちゃったじゃんか。。


でもシャワー二人で浴びてる時は

何気にイチャコラしてて。


あたしは普段、毎日

旦那と一緒にお風呂入ってるし

過去に職業上、

小さい子どもの身体を洗う事もあったから


人様の身体を洗うのは

ごく自然な事で◝( ˙ ꒳ ˙ )◜


いつもの流れで

I兄の身体を洗い始めたんだけど、


「身体洗ってくれるのって

結構嬉しいんだよなー」て、

独り言みたいにブツブツ...笑


シャワー上がって、

ベッド入ったは良いけど、

いつも車の中では積極的なI兄が

なかなか襲ってこない!!( ;∀;)


あたし、試されてる??


とにかくこの沈黙が嫌で←

あたしからI兄のを触って...///


イチャコラ開始ー!!


今思えば、どうってことない←


ごくごく、普通の

イチャコラだったのに←


その時は、こんなあたしでも

求めてくれた、て言う

嬉しさがありすぎて...


凄くいい時間で、

I兄のイチャコラにあたしは

ずっと答えてたつもりだったんだけど


I兄はずっと

あたしが気持ちいいのかどうか

わかんない、て言ってて。


それはあたしもずっと引きずってて。


終盤に差し掛かった時、

激しく危険日だったあたしは

ゴムつけてくれる雰囲気が全くなく

あわよくば中に...て感じの

I兄に戸惑ってしまって...


でも

そんなあたしにお構いナシなI兄は、

「俺、生でしか出来ないよ?」

て、わけわからんこと言って来て


結局、中は回避して→外に...


でもでも、

あまりに不安だらけな雰囲気

醸し出しても

I兄は絶対嫌になるだろうな、て

頑張ったよー!( ;∀;)


二人で横になって

I兄にハグしたまま、

ずっと他愛ない話をしてた。


そうこうしてたら、

I兄のタイムリミットが。。


あたしは旦那にご飯食べてくる!

て言ってあるから

ご飯食べずに帰るのは

不自然だったんだけど、

I兄は何の悪気もなく


「家帰ったら多分俺の分のご飯

用意してくれてるからさ。

食べないで、早く帰らないと!」


て言ってくるんだよね...


そりゃそうだよね、I兄は

普通に仕事帰り、てだけだから

不自然なことは何もない。


あたしだけ無理して

振り回されてる感...


あれ?(´,,•ω•,,)


あたし、これで良かったのかな??


少しだけナーバスになって。


でも身体は確かに満たされていて。


もうこれで、

連絡も遮断されたりするのかな、て

思ったりもしたけど、

あたしが家に着いた頃、

I兄から

「今日はありがと!」

てサラッとLINE来てたから

それだけはホッとして。。


なんとも言えない気持ちになって

その日は過ごしました。