寂しがり妻のひとりごと。

やっと手に入れた場所は、儚く脆く...

大事なこと

結婚前に働いてたとある職場で

あたしは度々体調崩して

休みがちになった。



元々そんなに強い身体じゃなくて

シフト制勤務に

なかなか耐えられる感じじゃなかった。


仕事自体は嫌いじゃなかったし、

なんせあたしの実家は田舎で

仕事もすぐ見つかる環境じゃなくて、

辞めようかどうしようか悩んでた。


そんな時、旦那が

同棲の話を持ちかけてきた。


二人でアパート借りて同棲して

あたしは

フルタイムじゃなくてもいいよ、て。

俺が働いて養うから、て。


一見カッコいい言葉に聞こえるけどさ、

この時旦那は

無職だったんだよ(´-ω-`*)


なんとなくあたしは

気付いてたんだけど

本人は隠したがってたから

あえて突っ込まなくてね。。


だからそんなんで養えんのかい!て

思ってて、

あんまり感動した記憶はない。笑



でも同棲はしてみたいのがあって←


それもこれも、

お互いの両親に

許可取らないとな、て思って

まずはあたしの両親に言った。



あたしの母は同棲には反対で。


どうやら

同棲=結婚のお試し、て感覚が

ダメみたいで...(´°‐°`)


あっさり断られたんだよね。


でもそのあと、


「同棲なんてするくらいなら

結婚したら?」


て...( º_º )


「結婚したいの??」


て...。



そしたら少し黙って旦那が

「そうですね...

そのつもりです」


て!!Σ(*´ω`ノ)ノ






えええぇヽ( ̄д ̄;)ノ





でもあたしもあたしで、


そうか、結婚か。

まあいっか!


て感じだったから、

いつの間にかそんな流れに...



だからと言ってすぐ入籍!

て感じではなかったんだけど、

一応ね、親戚の方々に挨拶したり、

お盆に逢えた時に報告したりとかして。


その中で、

未だに心に残ってる言葉がある。


叔母から言われた一言...



「身体の相性はどうなの?」



て...。


ニコニコ笑顔で

サラッと聞いてくる感じではなくて、

真面目な顔であたしを見つめて

言ってきた。



未だにこの歳になっても

実母とさえ、そう言う会話て

出来ないんだけど


実母のいる前で急に...笑


戸惑ったあたしを見兼ねてか、

母は

「そんなの関係あるの?

まだわかんないでしょ^^;」


て言ったんだけど

すかさず叔母は




「大事なことだよ」




て言った。。



あたしは母がいるのもあったし、

バラつきはあっても

当時、レスにはなってなかったから、



「大丈夫だよ!相性いいかな」


てテキトーに答えちゃった( ̄Д ̄ )


もしその時

真面目に答えてたら、

叔母は結婚に反対だったのかなー