これが本当の「初めて」

とりあえず...


後輩さんに指示された通り、

時間通りに待ち合わせ場所へ

向かった...(;・`ω・)(・ω´・;)


先に後輩さんが着いてて、

あたしと合流|ω・)


あとは...



先輩さんが着くのを待つだけ!

↑あたしの中では

先輩さんに早く逢いたくてしょうがない笑



でも、5分...10分...


なかなか先輩さん来ない(тωт。`)



不安なあたしの気持ちを悟ったのか、

後輩さんが

「〇〇(先輩)さんは、多分

いつも飲み行くと家に帰らないで

近場のホテルに泊まるみたいだから、

今頃、

チェックインしてるんじゃないかなあ...



しかも、仕事帰りのまま来るから

多分スーツ姿だと思うよ!」


て、何故か服装まで予想して来た笑

しかも


「しっかし、社会人がさ!

10分以上も遅刻てどう言う事だ!」


て言い出す後輩さん...٩( ᐛ )و



そうこうしてる間に、

先輩さん...


あたし達の後ろ側から登場!!



ん?



スーツ姿じゃないよ|ω・)



普通に私服でした...笑



初対面の時は、

職場の飲み会後だったのもあって

スーツ姿だったから



新鮮!!(∩´͈ ᐜ `͈∩)




そしてあたしとは

あまり目も合わさず

後輩さんに隠れるように

居酒屋まで歩く先輩さん...



でもたまに、ひょこっと

後輩さんの横から顔だして

「...あれ?名前、何だっけ(;´д`)」



!!



あ、あの時は泥酔状態だったし

名前なんて覚えてないよなあ...



「えー、俺はちゃんと覚えてるよ!

恋ちゃんでしょ。。

〇〇(先輩)さん、酷いなあ...笑」

てすかさず後輩さん...(つω`*)



「...ごめん、ほんとに申し訳ない!

でも、職業とかは

何故か覚えてるんだよね、

断片的に´д` ;」


正直な先輩さん...笑


そんな会話をしながら

居酒屋着いて、

飲みスタート٩(ˊ࿀ˋ⋆)و




まずは、あのお店で出逢った時、

ほぼ最初から記憶がなかった先輩さんに

後輩さんと二人で

先輩さんの言動を伝えることから

会話がスタート...笑



そこから、先輩さんと後輩さんの

二人の飲むペースが早くて早くて...



物凄くお酒の弱いあたしは

そんな二人を横目で見ながら

ちまちま飲む...



いつの間にか会話が

二人の職場の話になって...


これはあたしは入れなかったから、

ひたすら聞き役に徹してた。


でもそんな話も、

つまんないとは思わなかった◝(⁰▿⁰)◜



そしてもうちょい時間が経った頃...



今度は後輩さんが

出来上がってまして...(´∀`; )



ちょーど先輩さんがトイレに立った時、

急に真面目な顔であたしに


「〇〇(先輩)さんのこと、

好きでしょ??」


て聞いてきた...( º_º )



急にそんな質問...




あ、ちなみに、

この先輩さんと後輩さん、

どちらも既婚者で、

先輩さんは子どもがいて

後輩さんは結婚して結構経つけど

子どもはいない、てこの時、知った(๑'Δ'๑)




うーん...



既婚者の男女3人が一緒にお酒飲んで


妙な三角関係みたいなものが

出来かけてる...


なんて不思議な光景!笑



そしてあたし、

先輩さんのこと好きかどうか、

て言う質問に

いまいちどう答えていいかわからず...


少し挙動不審でいる内に←


先輩さんがトイレから戻って来て、

先輩さん目の前にいるのに

先輩さんに聞こえるか聞こえないか、な

微妙なトーンの声で

また好きかどうか聞いてくる後輩さん...



正直、あたしはこう言う

後輩さんみたいなタイプ...

めんどくさくて苦手で(;´д`)



とりあえずその場を切り抜けるのに、


「〇〇(先輩)さんですか?

好きですよ!⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

〇〇(後輩)さんも好きです、

二人とも好きですよー❤️笑」


てノッてみる...笑笑



後輩さん、


いや...そうじゃなくて...

て言う目で見てくる...₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◞ ₎₎



そしてまた好きかどうか、て聞いてきて

あたしもまた同じ答え返して

かれこれ3、4回同じやり取りをした結果、


確実にあたしが先輩さんのことを

好きだと思い始めたのか、

急に何故か悪酔いした挙句、

やさぐれ始める後輩さん...



そんなあたしと後輩さんの

会話を見ながら聞きながら、

先輩さん...


「二人仲良いよね、

LINEとかずっと

やり取りしてたんじゃない??(o´罒`o)」


て...


一番されたくない勘違いを

先輩さんにされるし...´д` ;




その時急にLINE...!!



滅多に鳴らないあたしのスマホに

LINE...



見てみたら...




今まさに目の前にいる

先輩さんから...!!



ん?



何で目の前にいるのに??笑



て思いながらLINE開いてみると...



「可愛い

今度ゆっくり飲もうね」





...何だぁぁぁあ('ロ'('ロ'('ロ'('ロ' )





このコッソリ、

後輩さんに気付かれないように

送ってくる感じと...



記憶なくすほど飲んでないのに


またこんな事

言ってくれるなんて...



その場では恥ずかしすぎて

スマホ閉じて

先輩さんの顔見て

ニヤニヤする顔抑えるのに必死で...


何のリアクションも出来ず...



そのまま居酒屋を出て、


3人とも次の日仕事なのもあって

帰ることにした...ハズなんだけど


どうやらまだ少しだけ

帰りたくない様子の先輩さん笑



すっかり泥酔しちゃって

真っ直ぐ歩けてない後輩さんは、

さっさとタクシー止めて

帰っちゃうし...


果てさて先輩さんと二人きり...



でもあたしも次の日仕事だったし、


体力がなくて...



まだ少し一緒にいたかったけど、

帰ることに...(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )



先輩さんに

「あたしも帰ります!

明日、仕事あるんで...

ほんとはもう少しいたかったんですけど...」

て言ったら


少し残念そうな顔しながらも

タクシー乗り場まで

一緒について来てくれた。。



タクシー乗り場に着く、少し前に...


















...!!(  Д ) ゚ ゚










先輩さんから














あたしの手を取って、、








握って来た...









恋人繋ぎ、てやつね...///















あたしは思わず...






















握り返してしまった...笑笑












ほんとに嬉しかったから٩(ㅎ.ㅎ)و✧˖°٩




でも、人通りが多い場所だったから


すぐ手を振りほどいちゃった...














ドキドキしたまま...







とりあえずタクシーに乗り込む...










もうずっと、家着くまで



ドキドキしっぱなしだったよー